«前の日記(2018年01月25日) 最新 編集

2018年01月28日 narou.rb on arch linux

_ narou.rb on arch linux

nyanpass 様のサーバ負荷が高そうなのでとりあえず自力でなんとかするべくローカルに
入れてみた.
ruby 初心者なので少しはまった.
基本は, https://github.com/whiteleaf7/narou/wiki に書いてある通り.

ruby, gem が install されている状態で, narou は package されているのか,

$ gem install narou

で普通にインストールできる. /home/xxx/.gem/... 以下にそのままインストールされている.

この状態で環境変数 PATH に , PATH="$(ruby -e 'print Gem.user_dir')/bin:$PATH" を
追加してやることで, "narou" がコマンドとして参照できるようになる.

また、mobi に変換するために, 上記のページに書いてある AozoraEpub3.zip と kindlegen
を追加でインストールする.
AozoraEpub3 は java のバイナリがリンク先に zip で置いてあるのでそのまま適当な
ディレクトリに展開する.

arch linux の場合 kindlegen はパッケージ化されているので,

$ yaourt -S kindlegen

とやってやればついでに手にはいる.

特段注意することとして, CLASSPATH 等で起動が制御されている訳でない、ということと,
kindlegen については PATH で見ている訳でない、ということのようなので,

$ ln -s /usr/bin/kindlegen <path_to_AozoraEpub3_dir>

という形で AozoraEpub3 を展開したディレクトリと同じディレクトリに参照できるように
してやる.

この状態で、自分で小説を管理したいディレクトリにいって

$ narou init

と打てば最初に AozoraEpub3 のディレクトリを聞いてくるので指定してやればあとは,

$ narou download <code>

といった形でダウンロード, mobi 形式の変換まで自動でやってくれる.

なお, narou mail という形で打ったのち, 作成される mail_setting.yaml を編集すること
で作成した mobi ファイルを

$ narou mail <no>

という形で send-to-kindle を使用した pc -> amazon -> kindle への送信ができる.
とりあえず kindle oasis で読めることまでは確認済み.

一応 web interface もあるっぽいが default で chrome は叩いてくれないっぽい, という
か arch の binary 名のせいではないかと思うのでそっとは未使用.